ヘルメットは正しく使用しましょう。

このような使い方は、性能が低下してしまいますのでご注意ください。

  • 自分で穴をあけたい
    涼しくしたい場合は、通気孔のあるヘルメットがおすすめです。また、オリジナリティの演出は、Helnetのカスタマイズへどうぞ。
  • 付属品をつけ替えたい
    付属品も安全基準に則った大事なパーツです。自分のヘルメットを見分けやすくするなら、カスタマイズで名前の印刷も承っております。
  • 長年愛用したい
    どんなに苦楽を共にした愛着あるヘルメットも、いずれは交換時期という別れが待っています。交換目安がわからない、または新たなヘルメットとの出会いをご希望の方はヘルメットコンシェルジュがお手伝いいたします。
MENU
×